キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産担保には設定費用が必要 : もう不動産担保ローンで困らない!

不動産担保には設定費用が必要

もう不動産担保ローンで困らない!

不動産担保ローンの場合には抵当権設定などの必要経費、つまり不動産担保には設定費用が必要になります。
もう不動産担保ローンで困らない!画像
不動産担保には設定費用が必要

不動産担保ローンという金融商品は、不動産に担保設定の登記をする場合必要な費用が掛かります。

これを設定費用などと呼ぶ事がありますが、所謂、必要経費のようなものです。

普通のキャッシングであれば、お金を借りる時に設定費用は別途掛かりませんが、不動産担保ローンの場合には抵当権設定などの必要経費、つまり設定費用が必要になります。

簡単に言うと、3000万円お金を借りるときに必要経費が50万円程度掛かり、借りた時には2950万円に成っている場合があるということです。

例えば、抵当権とは担保権の一種ですし必ず不動産担保ローンでは必要となりますし、金融機関などから融資を受ける際、融資の担保として不動産に設定されるものなのです。

お金を借りるほうが必要経費の設定費用を負担するというわけですが、「印紙代」「融資事務手数料」「抵当権設定登記費用」「抵当権設定登記手数料」などいろいろ掛かります。

アクセス数が多い記事
  • みずほ銀行の不動産担保ローン
    みずほ銀行のようなところは住宅ローンだろうと思いがちですが、事業系の融資は不動産担保のものになるのが普通です。
  • 不動産担保ローンの契約書
    不動産を担保としてお金を借りることになる不動産担保ローンの場合には不動産の審査と契約書が必要になります
MENU ZONE
管理人プロフィール

名前:日下 三省

・一言:ご訪問頂き有難うございます。

メールはこちら
もう不動産担保ローンで困らない!
(C) princetonregionalschoolsnow.net. All Rights Reserved.